総合モデルの高度化と検証

排出放射能環境動態調査

再処理工場から排出される放射性物質による地域住民の現実的な被ばく線量の評価を、地域の特性や自然条件に即して行えるよう、総合的環境移行・線量評価モデル(総合モデル)を平成27年度までに構築しました。この総合モデルの高度化や検証のため、以下のような調査を行っています。

総合モデル高度化の取り組み

総合モデルの予測精度を向上させるため、六ヶ所村周辺地域の放射性核種濃度や地表面沈着量等の実測値をデータ同化する機能の追加や、これまでの調査で得られたパラメータの導入等を行っています。また、気象データをオンラインで入手してモデルに導入する機能等の追加を行い、運用体制の整備を行っています。

図2.1.1

総合モデル検証の取り組み

再処理工場の稼働により排出される放射性物質であるトリチウム3H)、放射性炭素14C)、クリプトン8585Kr)及び放射性ヨウ素129I)を主な対象として、総合モデルの検証を行うため気圏、陸圏、水圏の3つの環境に分け、それぞれ調査を行っています。

気圏動態研究

再処理工場の本格操業にあたり、大気排出される放射性物質の大気中濃度や降下量の測定地点をこれまでよりも増やすことで、多地点での濃度分布状況を明らかにします。

また比較対照地点として、弘前市においても同様の観測を行い、再処理工場の影響の有無について調査をします。これらで得られたデータは主に、大気拡散サブモデルの検証に用いられます。

図2.1.2

陸圏動態研究

トリチウムや放射性炭素は、HTO(トリチウム水)や14CO2(放射性炭素から成る二酸化炭素)の形で再処理工場から大気排出されるため、光合成により植物に取り込まれます。また、放射性ヨウ素は植物表面へ沈着したり、土壌に蓄積されたりします。

再処理工場の本格操業にあたり、環境研構内に圃場を整備し、農作物を栽培して作物中の放射性物質濃度を調べることで、気圏動態研究で得られた結果と合わせて実際の環境における土壌−植物−大気間の放射性物質の移行に関するデータを取得します。

加えて、六ヶ所村及び周辺地域の土壌及び植物試料中の放射性物質濃度の地域分布についてもデータを取得します。さらに、このような放射性物質は様々な経路で移行し、その一部は農畜水産物を通じて人間に取り込まれることが想定されるため、六ヶ所村及び青森市の一般住民を対象に日常食中や農畜水産物の放射性物質濃度についても測定を行っています。

得られたデータは主に陸域移行サブモデルの検証に用いられます。

図2.1.3

水圏動態研究

再処理工場から大気及び海洋の両方にトリチウムや放射性ヨウ素が排出されます。このため、水圏動態研究では再処理工場周辺に隣接する尾駮(おぶち)沼、鷹架(たかほこ)沼及びそれら上流の集水域、また六ヶ所沿岸海域における湖沼水、河川水や海水、また堆積物及び水生生物に含まれる放射性物質濃度を取得し、水圏環境中の放射性物質の移行・分配・蓄積を明らかにします。

得られたデータは主に尾駮沼・鷹架沼サブモデルとそれらの集水域サブモデル、六ヶ所村沿岸海域モデルの検証に用いられます。

図2.1.4