青森県民のラドンからの被ばくについて

再処理工場の運転にともない放射性物質が環境中に排出されるため、環境への影響について正確に評価することが求められています。そのためにはあらかじめ、環境中に存在する天然放射性物質の分布やそれらから受ける被ばく線量を正確に把握しておくことが必要不可欠です。

大地や海水にはウラン系列トリウム系列の天然放射性物質が存在しており、その変化(壊変系列)の途中にあるラドンは気体状の放射性物質です。その空気中のラドン濃度は岩や土の種類によって含まれている放射性物質の濃度が異なることや、屋外や屋内、建物の材質や構造の違いといった生活条件によっても異なります。

そこで、青森県内の様々な地点や生活条件での空気中ラドン濃度の調査を行い、青森県民がラドンから受ける平均被ばく線量を求めました。

青森県民が生活・行動する場所の一般的なラドン濃度を調べる

図2.1.1

ラドンは気体状の放射性物質であり、主に岩や土に含まれている天然放射性物質が変化して発生し、空気中に出てきます。ラドンは呼吸によって体内に取り込まれ、発生する放射線によって内部被ばくをすることになります。ラドンによる内部被ばくは、世界平均では自然放射線からの年間被ばく線量の半分以上を占めると言われていますが、生活・行動様式の違いや地域によっても被ばく線量が異なることが分かっています。

そこで青森県民の被ばく線量を調べるため、青森県内の一般家屋環境を対象に屋内109地点、屋外15地点のラドン濃度測定を行いました。また、勤労者や学生は職場や学校で1日の約3分の1の時間を過ごしていることから、職場環境を対象に屋内107地点、屋外116地点のラドン濃度測定を行いました。更に特殊環境として、ラドンの供給源である土の上に直接ガラスやビニールで覆いをする園芸用大型ハウス、パイプハウスを対象に29地点の測定も行いました。

図2.1.2
ラドン濃度の測定器は、年間を通じた平均的なラドン濃度及び1日の中でのラドン濃度変化を調べるため、それぞれラドン・トロン弁別測定器、通気型電離箱(アルファガード)を用いました。

ラドン・トロン弁別測定器は各地点に約1年間(約3ヶ月ごと4期に分けて測定)設置して測定を行い、またアルファガードは、代表的な地点、時期に連続して1週間設置し1時間ごとに測定を行いました。