集水域に降下した放射性セシウムの川への流れ出し

再処理工場の運転にともない放射性物質が環境中に排出されるため、その動きを正確に予測することが求められています。これまで、六ヶ所村にある尾駮沼や鷹架沼を対象にそれらにつながる川や集水域に降下した放射性物質がどのように流れだし移動するのかを予測する集水域モデルを構築してきました。

2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では放射性物質が環境中に放出され、特に放射性セシウムによる環境汚染が深刻な問題となりました。大気中に放出された放射性セシウムは地面に降下し、様々な環境・気象条件により環境中を移動することになります。

ここでは、これまで六ヶ所村で集水域モデルを構築してきた知見を活用し、福島県の2河川を対象にその集水域に降下した放射性セシウムの河川を通じた環境中での移動について調査した結果を紹介します。

集水域から河川への放射性セシウムの動き

2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故により放出された放射性セシウムの一部は、広範囲にわたって土壌や森林植物に降下し沈着しました。沈着した放射性セシウムは下図のような経路で移動することが考えられますが、特に土壌に強く吸着する性質があることが分かっています(土壌から農作物への放射性セシウムの移行について)。従って主な移動経路として、その土壌粒子が降雨によって表面流出水とともに河川へ移動し、上流から下流、最終的に湖沼や海へと移動して湖底・海底に堆積すると考えられます。
図8.1.1

ここでは、東京電力福島第一原子力発電所から北西約30kmに位置する飯舘村の比曽川、割木川の2河川を対象に、河川水中で放射性セシウムがどのような状態で存在し移動しているのか、集水域に降下した放射性セシウムはどの程度流れ出しているのか、調査を行った結果について紹介します。

<<前ページ  1  2  3  4  5  次ページ>>比曽川と割木川の測定場所と方法