放射線の線量率と染色体異常

原子力施設で働く人たちの被ばく線量測定は、線量計を装着して外部被ばく線量を測定し、またホールボディカウンタによって体内の放射性物質を測定して内部被ばく線量を推定することで行われています。しかし、例えば不意の事故などで管理区域以外の人が被ばくし線量計を装着していなかった場合など、正しく被ばく線量を評価できないことがあります。

高線量率放射線を生物が被ばくすると血液中の白血球やリンパ球の数が変化したり、それら細胞中の染色体に異常が発生することが知られています。このような生物の体内で起こる変化を指標として被ばく線量を推定することを生物学的線量評価(バイオドシメトリ)といい、被ばく線量の評価に使うことが可能です。これまで、この生物学的線量評価をより低線量率・低線量放射線の被ばく線量の推定に利用するため調査を行ってきました。

この調査の中で放射線による染色体異常発生頻度を指標として、高線量率放射線と低線量率放射線の生物影響の違いを数値(量)として表すことができました。このような線量率と生物影響の関係についての報告は数が少なく貴重であるため、その結果をここで報告します。

被ばく線量推定の指標となる染色体異常

生物の細胞の中にある染色体は放射線を被ばくすると様々な形態の異常を示すようになります。この調査では、その中から転座と二動原体染色体を対象に調査を行いました。

転座は長期間安定して存在することから被ばく後の経過時間が長くても調べることが可能ですが、写真のように染色体それぞれを別の色で染め分けるなどの技術が必要であり、判別に時間がかかるという欠点があります。また、二動原体染色体は見分けがつきやすく結果が早く分かる反面、細胞分裂がうまくいかないため細胞死によって比較的早く減少していくという特徴があります。
図6.1.1

このような転座や二動原体染色体といった染色体異常発生頻度の線量率による違いを調べるため、マウスを異なる線量率で照射して実験を行いました。

<<前ページ  1  2  3  4  次ページ>>がん細胞移植実験