線量換算係数


環境中に存在している放射性物質が食物などを通じて体内に入った場合、発生する放射線によって内部被ばくが起こります。この内部被ばく線量は、放射性物質の種類によって体内での残留時間、発生する放射線の種類やエネルギーが異なるため、同じ1ベクレルの放射性物質が体内に取り込まれた場合であっても値が異なり、これを求めるために線量換算係数が使われます。

線量換算係数は下表のように種類ごとに固有の値となります。

・

関連情報

関連用語解説
内部被ばく
放射線の単位
内部リンク
青森県民の食物含有天然放射性物質からの内部被ばくについて
関連用語解説
体内の放射能(環境科学技術研究所)
体内の放射性物質(環境科学技術研究所)
内部被ばく線量の評価に用いられる預託線量とは(環境科学技術研究所)