炭素13


人間をはじめとした生物の体を構成する基本的な元素である炭素には、炭素12、13、14の重さの異なる3種類の同位体が存在します。炭素12が約99%とそのほとんどを占めていますが、炭素13が安定同位体として約1%存在しています。また放射性同位体である炭素14は存在比1兆分の1と非常にごく微量存在しています。

炭素種類

炭素は生命の基本となる有機物質の骨格となる重要な元素であり、炭素の環境中や生体内での動きは生命活動と直結しています。この炭素の動きを調べたいとき、炭素13が非常に活躍します。分析装置により炭素12、13を見分けることができますので、例えば人間の体内の動きを調べたい場合、炭素13を含む割合を多くした物質を人間に投与して、呼気や排泄物、血液等を分析することで体内の動きを推定することが出来ます。

・

このように調べた結果は、例えば放射性炭素が一定量体内に入った場合、人間がどのくらい内部被ばくするかという推定をするための基礎的なデータとなります。

関連情報

関連用語解説
放射性炭素(炭素14)
トレーサー
内部被ばく
安定同位体と放射性同位体
内部リンク
人体内での炭素の動きについて
外部リンク
実験で使う同位体(環境科学技術研究所)
特別な炭素を含んだ植物で炭素の生物体内挙動を調べる