半減期


放射性物質は放射線を出す能力(放射能)を持つ物質であり、放射線を出して最終的には安定な物質に変化します。ある放射性物質を含むものがあって新たに放射性物質が加えられない状態であれば、徐々に放射性物質は減ることになります。

放射性物質の減るスピードを半減期といい、元素の種類よって、また元素が同じでもセシウム134、137というように原子核の構造によってもそのスピードは異なります。

・

半減期は、下図のように1半減期で半分、更に1半減期経過するとその半分という減り方を表す数値です。 このような放射性物質の減り方は元素や原子核の構造による違いはなく共通のものです。

・

関連情報

関連用語解説
ベクレル
外部リンク
半減期について(環境科学技術研究所)