青森県内の年間ガンマ線量の分布について

再処理工場の運転にともない放射性物質が環境中に排出されるため、環境への影響について正確に評価することが求められています。そのためにはあらかじめ、環境中に存在する放射性物質の分布を正確に把握しておくことが必要不可欠です。

大地を構成する岩や土には天然の放射性物質が含まれており、放射線を出しています。しかし、その岩や土の種類によって含まれている放射性物質の濃度が異なるため、地域によって放射線の量が異なります。また、雨や雪といった気象条件によっても放射線量は変化します。

そこで、青森県内の184地点を対象に、大地に含まれる天然の放射性物質などから発生したガンマ線の測定を行い、その年間ガンマ線量の分布について調査を行いました。

年間ガンマ線量分布図作成の方法

この分布図を作成する目的は、青森県民が大地からのガンマ線を1年間に平均でどのくらい被ばくするのか、を評価することです。従って、どこの地点で測定を行うのか、対象とするガンマ線を測定するための工夫、が分布図を作成する上で重要な点になります。

図1.1.1

測定地点の選定は、調査開始時の青森県内1市町村1地点を原則として設定し、人口に応じて測定地点数を調整するとともに、線量率の比較的高い市町村、再処理工場が立地する六ヶ所村及び周辺市町村については測定地点を増やして測定を行いました。

大地からのガンマ線量を正確に測定するため、宇宙からの放射線の影響対策を施すとともに、地面から出るガンマ線以外の放射線の影響対策のため1.5mの高さで測定する等の工夫をしています。

図1.1.2

また、測定器には放射線が当たるとそのエネルギーを吸収蓄積する物質を含むガラス線量計を使用しました。電源や複雑な設備・装置を必要とせず、正確に測定することができるという利点があります。測定では各地点の設置箱の中にガラス線量計を設置し、約3ヶ月間ごとに交換して季節ごとの積算線量を測定し、年間平均線量や季節による変動を評価しました。

<<前ページ  1  2  3  次ページ>>季節や天候の影響