青森県民の食物含有天然放射性物質からの内部被ばくについて

再処理工場の運転にともない放射性物質が環境中に排出されるため、環境への影響について正確に評価することが求められています。そのためにはあらかじめ、環境中に存在する天然放射性物質の分布やそれらから受ける放射線被ばく線量を正確に把握しておくことが必要不可欠です。

大地や海水にはウラン系列トリウム系列カリウム40といった天然放射性物質が存在しているため、農作物や水産物に取り込まれます。これら農水産物は食物として体内に入り、それらに含まれる放射性物質からの放射線によって内部被ばくすることになります。

そこで、青森県民の食物中に含まれる天然放射性物質の量を調べて平均的な被ばく線量を求めるため、県内2地域において様々な職種の方々を対象に調査を行いました。

青森県民の一般的な食物をサンプリングする

青森県民の食物からの平均被ばく線量を求めるためには、県民の平均的な食物をサンプリングしなくてはなりません。しかし、青森県内でも地域によって、また職種や季節によっても食べるものが異なることが予想されます。

そこで青森市と六ヶ所村の2地域において、それぞれ会社員・自営業者、漁業者、農業者および酪農者の4職種に分類して各成人5名のボランティアの方々にご協力いただき、季節ごとに年4回のサンプリングを行いました。ボランティアの方々には各季節の指定した1日(24時間)に消費した食物と同じものを提供して頂き、各地域・各職種5名分の食物を混合して1食物サンプルとしました。サンプリングは2006年から2010年まで5年間行い、そのうち会社員・自営業者は5年、農業者、漁業者は2年ずつ、酪農者は1年とし、年ごとにボランティアの方を入れ替えためボランティア総数100名、食物サンプルは全80サンプルとなりました。
図3.1.1

この食物サンプルに含まれている放射性物質の量を調べるため、前処理や化学分離といった作業を行い測定を行いました。