大気中に排出された放射性物質の動きを予測する

再処理工場の運転にともない、気体状と液体状の放射性物質が廃棄物として生じます。そのうちの一部に取り除くことが困難なものがあり、最終的に気体状のものは大気へ排出、液体状のものは海洋へ排出されます。大気に排出される放射性物質としてクリプトン8585Kr)や炭素1414C)などが挙げられますが、周辺住民の科学的に正確な被ばく線量を予測するため、それらの動きを正確に予測することが求められています。

これまで、再処理工場から大気排出された放射性物質の動きを予測するため、大気拡散モデルを構築しシミュレーション計算ができるプログラムの開発を行ってきました。ここでは、2006年3月から実際に使用済み燃料を用いて行われたアクティブ試験(再処理工場の完成に向けた試運転)において大気排出があった際に測定した値とシミュレーションで計算した値について、比較・検証を行った結果を示します。

大気拡散モデル

図4.1 再処理工場周辺での様々な放射性物質の動きとそれらによる放射線被ばくを予測・評価するためのコンピュータシミュレーションプログラム(総合的環境移行・線量評価モデル)を作成しています。このモデルはいくつかのサブモデルで構成されていますが、大気拡散モデルはその1つです。大気拡散モデルは、再処理工場から大気中に排出された放射性物質が大気中でどのように移流・拡散するかを予測するプログラムです。

クリプトン85は、大気排出される放射性物質の中では大半を占めること、また被ばく線量への寄与が最大であること、及び希ガスであるため体内に取り込まれず外部被ばくのみを与える放射性物質であり計算と測定が容易であることから、クリプトン85について計算を行いました。