土壌から農作物への放射性セシウムの移行について

再処理工場や原子力発電所といった原子力施設周辺で監視されている放射性物質の一つに放射性セシウムがあります。セシウムは核分裂によって生成される主な放射性物質であり、セシウム137の半減期は約30年と比較的長いため環境中に放出されると長期間にわたって存在することがその理由です。

現在環境中に存在する放射性セシウムは、1950年〜1960年代に行われた大気中核実験で放出されたものや原子力施設の事故で放出されたものです。放射性セシウムは環境中を様々な形態・経路で動きますが、その一部は飲料水や農畜産物などを通して人体に入り、放出される放射線によって被ばくすることになります。

2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では、放射性セシウムによる土壌と農作物の汚染が深刻な問題となりました。本調査は福島原発事故以前に行われたものですが、環境中に放出された放射性セシウムがどのように動くのかを知る上での基礎データとして大変活用されました。ここでは、大気中核実験に由来する放射性セシウムの土壌や農作物中の濃度、土壌から農作物への移行に関しての調査結果について紹介します。

放射性セシウムが地上に落ちた後

図7.1.1 1950年〜1960年代を中心にアメリカや旧ソ連、中国などにより大気中核実験が数多く行われ、核分裂でできる放射性セシウムも風にのって世界中に広がっていきました。放出された放射性セシウムはその後、地上に落ちてきます。青森県内でもこの当時、1年あたりで比較して最大で福島原発事故の10倍以上の量の放射性セシウムが落ちてきたと推測されています。

放射性セシウムはもともと天然に存在する物質ではなく、大気中核実験以前は環境中に存在していませんでした。したがって人の手が入っていない土地を調べれば落ちてきて土壌に入った放射性セシウムがどのように動いたのか調べることができます。そこで2003年、六ヶ所村の未耕作地で土壌中の放射性セシウムについて調査を行いました。

測定結果を見ると、地表付近は濃度が高く深くなると濃度が低くなること、地面から10cmの深さのところまでに90%以上のセシウムが残っていることが分かりました。放射性セシウムは雨や植物などの影響によって自然に深い方へ移動していると思われますが、40年経過した後も平均すると5cm程度しか移動しておらず、移動するスピードが遅いことがわかりました。