作物の葉っぱ表面にのったセシウムはどうなるのか?

再処理工場の運転にともない放射性物質が環境中に排出されるため、その動きを正確に予測することが求められています。再処理工場の建設にあたり実施された安全審査の対象となった放射性物質の一つにセシウム137(137Cs)があります。また、セシウムは2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故で環境中に放出され、環境汚染が問題となりました。このように原子力施設の周囲への影響を考慮する上で非常に重要な放射性物質です。

大気中に放出されたセシウムは、様々な環境・気象条件によって多種多様な経路を通り環境中を移行することになります。その想定される移行経路の中で、農作物への移行は最終的にそのセシウムが人間に到達する可能性が高く、非常に注目されています。ここでは、大気中に放出されたセシウムが作物にどのように移行するのか、について調査した結果を紹介します。

セシウムの作物への移行

図9.1.1 大気中に放出された放射性物質は、放出条件や気象条件にもよりますが、風にのって広がっていき地面へと降下します。作物に降下する場合は、葉っぱの上に直接、あるいはその周囲に降下します。作物の葉の表面(葉面)にのったセシウムは、葉面から吸収され(葉面吸収)、他の部位へ移動(転流)したり、一部は、風や雨等により葉面から取り除かれます。また、作物の種類によっては周囲に降下したものを吸収することも考えられます。このように、気象条件や作物の種類によってセシウムの移行は大きく異なることが予想されます。

排出放射性物質影響調査では、六ヶ所村にある再処理工場が操業を開始した後、排出される放射性物質が作物にどのように入るかについて調べており、作物の葉っぱに降下して沈着したセシウムに注目した調査も行っています。そこで、六ヶ所村において作物として最も多く栽培されているダイコンを対象に、葉っぱに沈着したセシウムがその後の気象条件でどのように動くのかを調べる実験を行いました。