大気中に放出されたトリチウムについて

再処理工場の運転にともない放射性廃棄物が出てきますが、そのうちの一部に取り除くことが困難なものがあり、最終的に気体状のものは大気へ排出、液体状のものは海洋へ排出されます。大気や海洋に排出される放射性物質の一つにトリチウムがあり、周辺住民の科学的に正確な被ばく線量を予測するためには、その放射性物質の動きを正確に予測することが求められています。

2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では放射性物質が環境中に放出されました。特に放射性セシウムによる環境汚染が深刻な問題となりましたが、他にも原子力発電所事故由来の放射性物質であるヨウ素やトリチウムも放出されています。しかし、トリチウムはその測定が容易では無く、特に事故後のトリチウムの動きについてはあまり分かっていませんでした。

ここでは、事故後に原子力発電所の周辺で採取された植物中のトリチウム濃度を測定し、その結果から大気中のトリチウム濃度を推定するとともに、最大濃度であった場所に人がいた場合にトリチウムから受ける放射線量を推定した結果について紹介します。

環境中に存在するトリチウム

図10.1.1 トリチウム(T)は水素(H)の放射性同位体であり、環境中のトリチウムは、そのほとんどが水(H2O:HHO)の水素と置き換わって(HTO)として存在しています。

トリチウムは、その起源で分けると天然に存在するトリチウムと人為的に作られたトリチウム(天然放射性物質)の2つに分けられます。天然のトリチウムは宇宙から来る放射線が空気中の元素に作用して常に一定量作られており、最終的に水として環境中を循環しています。一方で、人為的に作られたトリチウムは、原子炉で作られるものの他、1950〜1960年代を中心に行われた大気中核実験によって作られたものが環境中に存在しています。