低線量率放射線照射マウスの寿命変化(寿命試験)

これまでのヒトの放射線影響に関する研究は、原爆被爆者や原子力関連の作業者、自然放射線量の高い地域の住民などを対象とした健康影響調査(疫学調査)が主なものでした。しかし、調査対象となる人数の限界、線量や線量率の精確さ、性差や人種差及び喫煙・環境変異原などの個人差が存在するため、解析データの不確実性が常に問題となってきました。

そこで、これまでの疫学調査等で得られた知見を「実験により実証すること」を目的として、マウスを用いた寿命試験を行いました。

寿命試験の実験方法

放射線の影響を調べるため、マウスの「寿命」を指標として実験を行いました。実験ではマウスの性質が実験に適しており且つ均一なものが一定数確保でき、安定した状態で終生飼育が可能な環境を作ることが重要となります。

そこでマウスは比較的病気に強いとされるB6C3F1という実験用マウスを使用し、オス・メス及び照射条件ごとにそれぞれ500匹ずつを実験に使用しました。またできる限り放射線が寿命に与える影響だけを見ることができるよう、マウスにとって特定の病原体がいない状態(SPF)で終生飼育できるような環境を整え、以下のような照射条件で実験を行いました。
図3.1

mGy : ミリグレイ (参照:放射線の単位

ヒトの被ばく線量を表す単位はSv(シーベルト)が使われますが、実験ではマウスを使用しているためGy(グレイ)が使用されます。本実験では、ガンマ線をマウス全身に均等に照射する形で行われたので、ヒトへの被ばく線量に置き換えることができると仮定した場合、ミリグレイはそのままミリシーベルトに読み替えることができます

<<前ページ  1  2  3  次ページ>>照射条件の意味