放射線と白血病(線量率による違い)

放射線被ばくにより発生するがんの代表的なものの一つに白血病が知られています。これまでの原爆被爆者の疫学調査やマウスを使った研究では、高線量率・高線量放射線の被ばくにより白血病が早期に発生することが知られており、その早期化のメカニズムについても研究が進んでいます。

低線量率放射線をマウスに長期間照射してその寿命の変化を調べる実験(寿命試験)を行った中で、低線量率放射線の条件で高線量照射したマウスでも白血病が有意に早期化していることが明らかになりました。このような低線量率放射線によって発生する白血病が高線量率放射線によって発生するものとの間に違いがあるのか、調査を行いました。

照射条件の違いによる白血病発生の違い

高線量率で高線量の放射線を被ばくした原爆被爆者の疫学調査の結果から、被爆後最初の10年の間で白血病の早期の発症が見られています。また、マウスを使った高線量率・高線量放射線照射実験でも同様の現象が確認されています。その後、低線量率放射線が寿命に与える影響を調べた寿命試験において、20ミリグレイ/日の低線量率で長期間連続照射をして高線量になった群についても白血病が有意に早期化していることが分かりました。低線量率、中線量率、高線量率で高線量放射線をマウスに照射して白血病を調べた結果を以下に示します。
図3.1.1

この結果から、放射線の線量率が高くなるほど、白血病の発症する時期が早くなっていることが分かります。また、一生を通しての発症率を比較するとほとんど差がありませんでした。

高線量率・高線量放射線によるヒトやマウスの白血病細胞に関しては研究が進んでおり、それぞれ特定の染色体異常や遺伝子変異、白血病の起源となる細胞(白血病幹細胞)があると考えられています。しかし、低線量率で高線量放射線を照射したマウスの白血病についてはこれまでほとんど研究が行われていません。そこで低線量率・高線量放射線照射で早期に発生した白血病と高線量率・高線量放射線で発生した白血病の発症する仕組みの違いについて調査を行いました。