放射線と体重増加

 これまで高線量の放射線をマウスが受けると体重が減少するという現象は数多く報告されています。しかし、放射線によって体重が増加するという現象はほとんど報告されたことがありませんでした。

 低線量率放射線をマウスに照射してその寿命の変化を調べる実験(詳細は寿命試験を参照)を行っている中で、ある照射条件のマウスの集団で非照射の集団と比べて体重が有意に増加していることが明らかになりました。 そこでこの現象に着目し、研究を進めることになりました。

体重増加について

 寿命試験は、1日当たり0.05、1、20ミリグレイの3条件の低線量率放射線をオス、メスマウスそれぞれ500匹の集団に連続照射する形で行われましたが、体重増加は1日当たり20ミリグレイ照射したメスマウスの集団で観察されました。この条件で63〜280日齢までメスマウスに連続照射した際の体重増加のデータを示します
図4.1.1

 照射を開始して約110日後の175日齢から、照射したメスマウスの体重が照射しないものと比べて大きく増加する傾向が見られ、280日齢の時点では照射したマウスが平均40グラムとなり非照射マウスよりも約20%程度、体重が増加したことが分かります。もし人間で例えるとすると、通常なら50kgとなるはずだった人が放射線の影響で60kgになった、という結果になります。当然、体重は食べる量に大きく左右されますのでマウスがエサを食べる量についても調べていますが、この2つの集団の間で差は見られませんでした。

 そこで最初に、どこの部分の重さが増えたのか、体の中で何が起こっているのか、体重増加の要因について更に詳しく調べることにしました。

<<前ページ  1  2  3  4  次ページ>>体重増加の要因