放射線の量


低線量放射線や高線量放射線という表現がよく使われます。その用語の定義は、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR:United Nations Scientific Committee on the Effect of Atomic Radiation)で定義されたものが一般的に用いられており、以下のように分けられています。

・

低線量放射線は総線量で200ミリグレイ未満、高線量放射線は2000ミリグレイ以上とされており、その間には中線量という定義もあります。

また、線量率(単位時間あたりの放射線の量)についても定義がされており、1分あたり0.1ミリグレイ未満の強さの放射線を低線量率放射線、1分あたり100ミリグレイ以上の放射線を高線量率放射線と呼びます。

関連情報

関連用語解説
放射線の単位(グレイとシーベルト)